初心者向け不動産投資の無料相談。700人の相談を受けたベテランアドバイザーが教えます。

todoroki-hiroko

このページでは、今まで700人以上の方から不動産投資の相談を受けてきた不動産アドバイザー・轟寛子さんが行っているワンルーム投資無料相談をご紹介しています。

対象は首都圏近郊の物件のワンルーム限定です。資産価値の低いところで投資をしてもお金になりませんし、時間ももったいないですからね。

そもそもワンルーム投資って何よ、という方は以下の記事を参考にしてみてください。

不動産投資を始める前に無料相談を受けてみませんか?

誤解を恐れずに言えば、不動産オーナーとは「経営者」のことです。特に、一棟マンションなど大きな不動産への投資は、不動産投資に対するリテラシーが低い方や、経営の経験のない初心者が最初からこなせるものではありません。

不動産には一棟マンション以外にも様々なものがありますが、その中でも一番管理が簡単で、初心者の方におすすめなのがワンルーム投資です。

しかし、「初心者におすすめと言われても、何から始めればいいの?」と思う方もいるかと思います。「失敗したくないから手順を教えてほしい」「優良な業者を教えてほしい」という方もいるでしょう。

そんな方の要望に答えるために「ワンルーム投資無料相談」があります。無論、相談を受けた方全員がオーナーになれるわけではありませんが、相談を受けた方の大半はオーナーとしてデビューしています。

轟寛子さんって?

todoroki-profile

1960年生まれ(56歳)。

今まで不動産のアドバイスをした人数は700名以上。多いときは週に10名以上の方の相談に乗ることもある、非常に経験豊富なアドバイザーさんです。

女性であることや、不動産を直接取り扱う業者でないことの安心感、購入後のアフターフォローが非常に丁寧であることから、相談者・購入者からの高い評判を獲得してきました。

不動産は「買っておしまい」ではありません。世の中には「買わせておしまい、アフターフォローなし」という適当な会社がとても多いてすが、初心者の方がそのような業者で不動産を購入してしまうと、高い確率で失敗することになります。

轟さん自身の立ち位置としては、販売者と購入者のあいだに立つ仲介人。ただ、一般的な仲介業者と異なり、各種不動産を取り扱うディベロッパーへ直接繋いでくれるため、購入者側は無駄な手数料を追わずに不動産を購入することができます

平たく言えば、多くの方が知らないお得な購入ルートを知っているということですね。

轟さんは、「不動産業者には悪い奴が多い」と言います。私もその意見には同意です。たとえば、売るだけ売って一切のアフターフォローをせず切り離してしまうような業者、「家賃保証をかける」と言っていたのに逃げてしまう業者など、ひどい業者はたくさんあります。

不動産業社を選ぶときは、購入後も、買い換え・売却・新しい物件の仕入れの提案をしてくれたり、相談に乗ってくれたりするなど、きちんとお付き合いをしてくれる業者を選ばなければいけないのです。

轟さんが紹介するディベロッパーは、彼女が実際に出会った100社以上の業者から10社を選び、さらにビジネスパートナーとして付き合っていく中で「特に健全で、誠実である」と判断した2社のみとなっております。

ワンルーム投資無料相談はどんな人におすすめ?

本無料相談は、不動産に関する知識や情報をただお伝えするためのものではありません。轟さんはセミナー講師ではないので、不動産について教えることを目的としているわけではない、ということです。本無料相談の趣旨は、あくまで不動産購入を検討している方へのアドバイスをすることにあります。

次のような方におすすめです

  • 書籍やセミナーで情報収集したけれど、具体的な動き出し方がわからない
  • そもそもどの情報を信じていいのかがわからない
  • 投資を失敗したくない。少しでも成功率を高めたい
  • 不動産を購入してすぐに業者から縁を切られたという話を聞いた。購入後のアフターフォローもしっかりとして欲しい
  • 優良業者と悪徳業者の区別がつかない。できたてホヤホヤの不安定な業者ではなく、実績があり信頼できる業者を知りたい
  • いきなり業者に行きたくない
  • 仲介業者を経由してムダな手数料を上乗せされたくない
  • そもそも不動産投資が良くわかっていないので、根本的なところから学びたい

もちろん、この無料相談を受けたからといって100%リスクがなくなるなどということはありませんし、絶対にオーナーになれるというわけでもありません。しかし、独自で学んだり、適当な業者へ足を運んだりすることに比べれば、リスクだけでなく手間やコストを大幅に抑えることができるでしょう。

初心者の不動産投資は大規模セミナーなどでサポートできるものではない

よく大手不動産会社では不動産の大規模セミナーなどが行われていますが、不動産知識ゼロの方の投資をきちんとサポートするには、やはり、ひとりひとりに寄り添い、その人に合ったアドバイスをしていくしかありません。

なぜなら人によって、投資に対する考え方やリテラシー、属性、バックグラウンドは異なるからです。こんなのは考えれば当たり前のことですよね。

大手が開催しているセミナーの内容はあくまで平均的でマニュアル的なものです。多くの方がある程度の理解度・満足度は得られるでしょうが、誰一人100%の理解度・満足度は得られません。これが大規模セミナーの弱点です。

独学や適当に業者を選ぶのもリスクが伴う

不動産投資をまだやったことのない初心者の方が、セミナーや書籍などで集めた知識をもとに不動産投資を始める前のあれこれを全て自力で済ませ、実際に購入まで至るのは難しいことです。「安全に」というニュアンスを含めれば、独学ですべてを完了させるのはほとんど不可能だといえるでしょう。

だからといって業者に頼れば、無駄な手数料も上乗せされてしまうし、資産として微妙な物件を買わされてしまうこともあります。なぜなら、一般的な不動産業社は「お客さんに合った物件」より「自分が売りたい案件」を売っているからです持っている案件を消化しなければいけないので、変な物件を売ることもあります。当然、そのような物件を購入してしまうと、後々痛い目をみることになります。

そういった意味でも、轟さんの無料相談は「売る側の都合」ではなく「買う側の都合」で話を進めてもらえるので、変なモノをつかまれるリスクがなく、なおかつ無駄な行程や手数料などを省きつつ、不動産に対する理解を深めオーナーを目指すことができます。

無料相談を受けられる方の条件

本無料相談は極力多くの方に受けていただきたいという思いのもと開催されていますが、当然、受けるためにはいくつかの条件があります。第一の条件は、ある程度真剣にワンルーム購入を検討していること。上述した通り轟さんも忙しい方なので、「何となく興味があるだけ」という方と1時間も2時間も話している時間はありません。そこはご理解いただけると助かります。

また、いくら真剣に「ワンルーム投資やりたい!」と思っていても、ワンルームを買うための融資を受けられないような方は対象外になります。これは当然ですね。

この項では、ワンルーム無料相談を受けられる方の条件をすべて明記してみようと思います。非常に重要なので、きちんと目を通してください。このように断っても条件に合わない方がアポイントメントを取ってくることがあるそうです。必ず目を通してくださいね。

1.  年収500万以上の方

35865220 - crowd standing around coin on white background. vector illustration

本無料相談は、銀行から融資を受ける関係上、正社員、公務員、士業などで年収500万以上の方を対象としています。

自営業や契約社員の方はケースバイケースなので、この記事の末尾に記載している公式LINE@にて直接ご相談ください。

2.  勤続年数1年以上の方

銀行から融資を受ける場合、勤続年数が問われます。

最近は勤続年数が1年以上であれば融資を受けられるところも多いですが、源泉徴収票を一度でももらっていたり、より勤続年数が長かったりした方が、融資を受けられる可能性は高まります。

3.  一切の借り入れがない方

cashing

借り入れのある方はそもそも融資を受けられないので対象外となります。ただし、借り入れの種類によっては大丈夫な場合もあるので、下記リストにてご確認ください。

無料相談ができない借り入れ
  • 銀行カードローン、消費者金融
  • クレジットカードのキャッシング・リボ払い
無料相談ができる借り入れ
  • 住宅ローン、奨学金
ケースバイケース
  • 自動車ローン

※実際に無料相談に至ってから思わぬ借り入れが発見されることも多いです。少しでも不安要素がある方は、以下に記載する轟寛子さんの公式ラインにて直接確認していただければと思います。

4. 常識をわきまえていること

common-sense

中には、ワンルームを買う気などさらさらなく、轟さんが紹介している業者とのコネクションや、轟さんが持ち合わせている秘匿性の高い情報・知識だけを求めてくるような方もいるそうですが、このような非常識な方はもちろんNGとなります。

また、先にも書いた通り不動産投資は「買っておしまい」というものではありません。購入後も不動産を運用していく過程で、轟さんに相談に乗ってもらったり、業者の方と関わったりということが必ずあります。

そういった時にちゃんとしたコミュニケーションが取れそうな方であるかどうかは、轟さんが不動産を提案する際に重視されているポイントでもあります。端的に言ってしまえば、短気な人、自分の都合でしかものを考えられなさそうな人、長期的に物事を考えられないような方はNGということですね。

こういったタイプの方は不動産だけでなく投資というものにあまり向いていない可能性が高いので、初めからお断りさせていただいております。

不動産投資に興味があるなら、動くのは早ければ早い方が良い

不動産投資を巡る環境は年々厳しくなっています。不動産投資を始めるなら早ければ早いというのは業界の通説です。ではなぜ早い方がいいのか、その理由は以下の通りです。

1. 不動産投資の認知度が高まり、オイシイ物件が少なくなってきている

popular

最近では、他の投資と比べた時の不動産投資のメリットを多くの方が認知し、不動産オーナーになる方が増えてきています。そのため、オイシイ物件は取り合い状態。実際、東京など大都市の高利回り一棟マンションが欲しいと思っても、物件自体が存在しないような状態になってきています。

幸い、一等モノに比べワンルームは母数が多いので余裕がありますが、「よりオイシイ物件を」と考えると、始めるのが早いに越したことはないでしょう。あなたが躊躇しているあいだにも、行動を起こしている方は起こしています。

2. 不動産関連の法律は年々厳しくなっている

不動産は家賃収入を得られるだけでなく、税金対策を行う上でもかなり有効に利用することができる金融商品です。特にワンルームはもともと士業や医師など高級取りの節税の為に開発された金融商品なので、数ある不動産の中でも特にその傾向が強いです。

不動産投資の認知度が高まり、節税のためにオーナーになる方が増えると、当然、国の税収は減ります。そうなると国は不動産関連の法律を厳しくし、不動産の節税効果を薄めていきます。新しい節税の方法が生み出されると、その度に国は法律を厳しくし、それらを取り締まっていきます。

金融に関係する法律は頻繁に改正されますが、基本的に、私たち国民にとって都合の良い方向には転びません。条件はどんどん厳しくなる一方です。だからこそ投資を始めるのは早ければ早い方が良いのです。

上の項で書いた条件を満たしていれば、「不動産投資をするかどうかはわからないけれど、アクションを起こす必要性は感じている」という方も無料相談を受けることができます。

私も何度かお会いさせていただいてますが、轟さんは義を重んじる誠実な方です。よくある大規模セミナーや、コンサルタントを自称しているぽっと出のビジネスマンと違い、強引な営業を仕掛けたり、本を数冊読めばわかるような情報を提供するだけでお金をとったり(そもそも本相談は無料です)、購買意欲を煽るようなフレーズを連呼して判断能力を鈍らせるようなセールス・スタイルをとる方ではありません。

そういった意味でも、業者にいきなり出向くのが不安な方や、一度セールスに日かかって痛い目に遭ったことがある方にも受けていただきやすい内容になっているかと思います。

自分のキャラクターに不動産投資が合っているかを確認するという意味でも、無料相談を受けてみることをお勧めします。

ワンルーム無料相談の詳細

開催場所

ワンルーム無料相談は都内にある轟さんのオフィス(※1)で行われます。(※2)

私も何度か足を運んだことがありますが、事前にアポイントメントを取っていないとエレベーター前にすら行くことができない高級タワーマンションの一室です。初めてお伺いした時は、色々と度肝を抜かれました。

※1 個人情報なので具体的な場所は無料相談を受けることが決まった段階でお伝えいたします。

※2 地方でも、同地域内に無料相談を依頼される方が複数人同時にいれば出張していただけるそうです。詳細は以下に記載するLINE@にて直接ご相談ください。

開催時刻

本無料相談は定期的に開催されるものではありません。下記LINE@に登録いただいた後、轟さんご本人と相談の上、決定していただければと思います。

轟寛子公式LINE@

無料相談を受けるには、こちらのリンクから「轟寛子公式LINE@」を友達追加し、記載された内容に従ってお問合せください。

add-friend

轟寛子公式LINE@では、「不動産投資に興味がある! でも不安がたくさん……」という初心者の方々に向けて、不動産投資に関する情報を配信しています。

友達追加はもちろん無料で簡単に行えます。追加後、あなたがメッセージやスタンプを送らなければ管理側(轟さん)には誰が登録したかわかりません。「とりあえず様子見だけしたい」という方にも安心ですね。配信が不要になったときはブロックで解除することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする